狭山電気設備

電子ブレーカー 施工例


金属加工業 様
導入前
導入後


42KW主開閉器契約
電子ブレーカー19KW契約
通常のブレーカーで主開閉器契約120Aとなっていました。
毎月の基本料金の出費でもたいへんとのことでした。



電子ブレーカーで契約電力19KW55AでOKとなりました。
毎月約¥23,000も削減できました。
万一の電流負荷急上昇に備えて増設ベルをオプションで
取付けています(画面右上)。
機械の始動時に起こる始動電流にはベルが反応しないように遅延タイマーをつけて不必要なベル鳴動を防いでいます。
過負荷が継続してブレーカーが落ちる3分前に初めてベルが鳴るように
調整しています(時間は任意に調整可)

費用対効果はこちら


某眼科 様
導入前
導入後

40KW負荷設備契約
電子ブレーカー17KW契約
開業間もない病院様です。電気料金に含まれる基本料金が
高すぎるとおっしゃられていました。
基本料金約4万円に対して使用量料金は1万円にも満たないとのことで
した。

電子ブレーカーで契約電力17KW50AでOKとなりました。
こちらも毎月約¥23,000も削減できました。
費用対効果はこちら

マンションB管理組合 様 
導入前 導入後
34KW負荷設備契約
電子ブレーカー15KW契約
他社から約50万円で電子ブレーカーを
提案されていました。
また分電盤内の銅バーも腐食が進行しています。
放置しておけば漏電等のトラブルにもなります。
今後のことも考えて思い切って銅バーを
撤去して新たに電線に張り替えました。
漏電火災に対しても有効な対策となります。
電線は新規に許容電流の大きなWL−1 38sq
を使い、モータ容量の大きな油圧エレベーターにも対処してあります。
また、他社の提案には無かった「低圧高負荷」
契約にして従量電灯の使用量料金の削減もしました。
結果、大幅な電気料金の削減が実現しました。

次回の大規模修繕の予算にも反映されるとの
ことです。
費用対効果はこちら

マンションA管理組合 様
導入前
導入後








15KW負荷設備契約
電子ブレーカー
5KW契約
他社から50万円で提案されてました。
この盤は地下ピットとつながっていて、冬季はピット内
の湿った暖かい空気が盤の内側に大量の結露となっ
ていました。(写真上)

地下ピットとの貫通穴はふさがれていません。(写真
下)


電子ブレーカー設置には悪条件ですし、既存の電気
設備にも良くありません。このまま放置したら冬場は
結露しっぱなしになります。
結露の原因は温度差。盤の内外の温度差を
改善するため換気口を計4箇所に取付ました
(防虫網付)。

そして地下ピットとの貫通穴はパテで埋めまし
た。

これで結露は完璧に改善できました。
今回は排水ポンプの自動制御も取り入れました。電子ブレーカーが落ちる3分ほど前に排水ポンプを停止→復帰させて万一の過電流にも対処しています。定期的に電磁接触機の試験をするためにテスト用スイッチも取付けてあります。
ここまでやる電子ブレーカー屋は
当店以外はまずできないでしょう。

最後に東京電力さんの検査を受けて工事完了です。

費用対効果はこちら